カードローン比較の役に立つ!良いカードローンの見極め方

良いカードローンを見極めるためには、幾つかの条件があります。
例えば大手で名前を知っていたり、金利が非常に低くておまとめローンに向いていたり。
悪質なカードローンに引っかからないためにも、良いカードローンかどうかをしっかり見極める必要があります。
これからカードローンで契約をしてお金を借りようと思っている方のために、当サイトでは良いカードローンの見極め方をご案内します。カードローン会社の比較の際に役立つ情報ですので、是非参考にしてくださいね。

 

どんなカードローンが良いカードローン?

良いカードローンといっても、暴利じゃないとか取り立てが厳しくない、とかそういったことではなく、サービスが充実している、という意味です。

提携ATMが多い

提携しているATMが多く、またネットバンクなども利用できる環境にあると、借入や返済の時に手数料がかからなくて済みます。
カードローンでお金を借りたい時って、だいたい急に来るもの。いつでもどこでも借りられる状況であり、なおかつ手数料がかからない振込キャッシングなどに長けているカードローンは、必要以上の手数料を払う必要がなくてお得です。

土日祝や夜間でも契約が可能

仕事をしている人にとって平日17時まで、18時まで、というのはかなり厳しい条件。平日も21時ころまで、土日祝でも契約が可能なカードローンは非常に助かりますよね。
銀行カードローンでは非常に少ないんですが、消費者金融はほとんどのところが対応しています。
スマホで契約が可能な場合は、仕事中や出先からでも契約出来て便利です。

レディースローンなど女性への対応がしっかりしている

女性向けのサービスが充実しているカードローンは、色々な対応やサービスが細かく丁寧である印象があります。
レディースローンでは女性オペレーターだけが対応してくれるサービスや、カードのデザインが女子向けで可愛かったり、返済日を忘れてしまったりしても、ショートメッセージやメールでお知らせするようなサービスもあります。
女性に優しいカードローンは、全ての対応が丁寧でいいですね。

カードローンといえば、やはり低金利かどうかということに真っ先に目が行くもの。
もちろん低金利なカードローンで契約するに越したことはないんですが、それ以外のサービス面にも目を向けてみてはいかがでしょう?例えば少ない金額を短期間で借りるのであれば、無利息キャンペーンのある消費者金融が最も低金利でお金を借りることができますよね。
しかし、消費者金融の場合、家族や会社にバレたくない、という人が多かったり、また消費者金融のカードを持ち続けることに抵抗がある、という方もいるでしょう。
そういった方は、いくら低金利でもやはり銀行カードローンと契約するべきだったりします。
つまり、良いカードローンかどうかを見極めるのは、あなた自身がどのようなサービスを受けたいか、ということに大きく左右されます。自分が借りる金額、返済する日などを考えた上でもう一度検討してみましょう。

 

借りたい金額に合わせたカードローンを選ぶ

カードローンを比較する時、まずは金利を比較すると思います。
その時、上限金利でみんな比較しますよね。でも実際は自分が借りようと思っている金額の具体的な金利で比較できればもっと明確にカードローンを選ぶことができるのですが、銀行は可能ですが消費者金融は難しいです。
なぜなら、銀行の場合は細かい借入金額ごとの金利が公式ホームページなどに記載されていますが、消費者金融の場合は記載がありません。
なので、どうしても初回借入の時は上限金利で比較することになります。
もちろんそれは正しいのですが、実際に借りたいと思っている金額に合わせたカードローンを利用する方が後々非常にお得になることが多いんです。

 

例えば・・・

5万円を急ぎで借りたい

友達の結婚式のご祝儀を借りたい場合、消費者金融がオススメです。
少ない金額を急ぎで借りたい場合、返済も給料日には返済できる、といった方が多いと思います。
その期間が30日以内であれば、なおさら消費者金融の無利息キャンペーンを利用するのをオススメします。
ただし、無利息キャンペーンは30日間で初回のみのサービスなので、継続して利用する場合は消費者金融の高い金利が適用されますので注意が必要です。

 

30万円借りたい

50万円以下であれば消費者金融でもいいのですが、やはり15万円以上になると一括ですぐに返済するのは難しいですよね。
返済に30日以上かかる場合は、消費者金融よりも銀行カードローンの方がオススメです。
金利というのは、借りている金額だけでなく借りている期間も大きく影響します。
そして、借りている期間というのは借りている金額をどのくらいで返済できるかという意味が含まれているため、なかなか30日以内に返済仕切るのは難しいでしょう。
目安としては、一括で返済できる金額かどうかというところ。
それが難しいようでしたら、やはり低金利の銀行カードローンに切り替えた方がいいですね。